専門看護師 転職

闘病で辛い患者さんはわざと困らせるような事を言ってみたり、キツい事を言ったりしますよね。何を言われても、受け流せる力・・・いつか身に付くかな?

患者さんって、闘病生活によって心に余裕がなくなっていますよね。

 

病気による痛み、病気による体の不自由、入院によるストレス…。

 

そういったことから、イライラしがちです( ;´Д`)

 

患者さんにとって、入院生活というのは安らげる場もなく、何かにそんな思いをぶつけたくなるのでしょうね。

 

中には、看護師に対してイライラのはけ口にしているかのような発言や態度をとる人もいます。

 

患者さんが辛い立場にあることは分かるのですが、そんな発言や態度に、イラっとすることってありますよね(;´Д`A

 

わざと困らせるような事を言っていると思うと、そこに優しく対応することが出来なかったりします。

 

実際、心に余裕がないのは看護師も同じですよね。

 

ハードな勤務で、体力的にも、精神的にも辛い環境にあります。

 

職場の人間関係で悩んでいたり、仕事と家庭の両立に悩んでいたり、看護師もそれぞれに悩みを抱えていたりするものです。

 

本当は、患者さんに冷たい態度やキツイ事を言われたときに、患者さんが抱えている物をくみ取り、患者さんの苦痛を軽減出来るよう対応しなくては…と思うのですが、それが難しかったりします>_<

 

しかし、だからといって患者さんに対してイライラをイライラで返すような態度はいけませんね。

 

せめて、そこは受け流すくらいの容量は持ち合わせなければ…と思います。

 

受け流すことって、簡単そうでいて、難しいものですね。

 

しかし、患者さんに対してイライラしてしまう気持ちの裏には、
「看護師だって大変なんだからわかってよ!」とか、
「あなたより辛い思いをしている患者さんは他にもいるんだから、そのくらい我慢してよ。」
といった気持ちがどこかにあるからですよね。

 

それは、患者さんに求める気持ちがあるから出てくる感情です。

 

相手に対して求める気持ちをなくせば、イライラすることもなく受け流すことも出来るようになります。

 

相手の立場になってみる、それって意外に難しいことです(u_u)

 

患者さんの痛みや苦しみは、なったことのある人でなければわかり得ない事ですからね。

 

しかし、看護師としてそこは理解出来る努力も必要ですねd(^_^o)