専門看護師 転職

辛くても3年は仕事を続けなさい!と言った師長の言葉が今なら分かります。辛くても3年続けていれば、自分なりに解決出来る事も増えてきますね。

私が新卒で初めて働くように鳴った時、師長から、どんなに辛くても3年間は頑張りなさいと言われました。
その当時は、何で3年間なのか意味が良くわかりませんでした。
しかし、看護師として働き始めて3年以上が経過した今は、その意味が良くわかります。(^_^)

 

看護師1年目というのは、辛い事ばかりです。
仕事を覚えるのも大変だし、患者さんや家族とどのように関わったらいいのかもわからないし、
人間関係のトラブルに巻き込まれる事もあります。
業務内容は想像以上にハードで、汚い仕事もあるし、覚えなくてはいけない技術や知識は沢山あるし、毎日が大変です。
それに、患者さんの死を目の前にして、それをなかなか受け入れる事ができず、いつまでも引きずっている時もありました。
毎日のように先輩から注意されたり、叱られたりしていました。
でも、そのような辛い1年目が過ぎ、2年目になると、少し気持ちに余裕が出てきます。
後輩も入ってきて、責任のある仕事を任されるようにもなります。
でも、まだまだ分からない事が沢山あるので、焦る気持ちもありました。(^=O“)
そして、3年目になると、リーダー業務を任される事になります。
リーダー業務は、自分がスタッフに指示をださなくてはいけませんから、その責任はすごく重いんです。
でも、このリーダー業務をこなせるようになってくると、自分の中での気持ちが変わってきます。
苦労を乗り越えてきた事で、仕事にやり甲斐を見つける事ができて、仕事が楽しくなってきました。
師長に言われた言葉について、とても有難いと思っています。
3年間頑張ってきて、看護師としても人間としても成長する事ができたと思っています。
まだまだ未熟ですが、これからの目標もできました。