助産師 仕事 大変

助産師の仕事の大変な点

医療の進歩に伴い、より専門的な知識を持った看護師や助産師、保健師が必要とされています。

 

最近は4年生看護大学が増えたことで在学中に助産師や保健師の資格を取る方が増えていますね。

 

しかし、保健師は4年制大学を卒業すると保健師の試験を受ける資格を満たす事が出来るのですが、助産師に関しては希望制である事が多いので、希望する方は特別に単位を追加して授業や実習を受けなくてはならないので、助産師の資格を取る事はとても大変だと思います。

 

職場もより助産師の知識が必要とされる科に配属される事が多いので、他のスタッフの指導や患者や家族への指導など専門的な業務を任される事が多いと思います。

 

助産師の仕事の大変な点は、妊娠や出産など命の誕生の現場に携わる事が多いため責任が重い現場です。

 

また、出産時の介助は医師と助産師にしか許可されていませんから医師と同じくらいの知識と専門性が必要とされる所だと思います。

 

最近では、産婦人科・小児科・NICUなどでは、看護師よりも助産師の方が多いですし、助産師外来などを設ける病院が増えている事から、ますます助産師のニーズは高まっていると思います。

 

産婦人科や小児科の医師の人手不足が深刻化し、特にトラブルのない健康妊婦に関しては助産師外来などで対応し、それ以外のトラブルのある妊婦は医師が診察や対応をすると言う方法を取る病院が増えてきています。

 

助産師の資格を持つ方は、より自分の資格が生かせ、働きがいのある職場を探すためにも、求人情報サイトへ登録すると良いと思います。

 

病院によっては、看護師も助産師も特に業務内容が変わらないと言う事もありますが助産師にしか出来ない業務も沢山ありますから求人情報サイトに登録すると、各病院の状況を詳しく教えてくれますから、自分の希望する職場を探す事が出来ると思いますよ。